うさぎの架け橋

ウサギゴト・ユズゴト…イロイロと。

--年

--月--日

(--曜日)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年

07月30日

(火曜日)

焦らない

涙が減ったとはいえ、なくならないので、
先生に電話で指示をもらったのは、7月半ば頃。


以下、覚書。
・おそらく、鼻涙管が狭くなっているのでカスがたまりやすい
・菌を培養し、どれが原因を探り抗生剤を出す
・洗浄に通院してもらうも、良し
・そして、年齢的に治りにくくなっている

とのことだった。
免疫力は高いが、治りにくい年齢になったんだよね。
よく考えたら、10歳だもの。
そりゃそうだ、私も傷が治りにくい(一緒にしていいのか?)。
つまりは、免疫力が低ければもっともっとひどい症状。

私が焦っていたのかもしれない。
すぐに治るんだろうって。

先生は、うさぎの目は油みたいなもので覆われているので
目薬も効果があるのか、個人的には悩む所だと前回言われた。
でも、症状はおさまっているから多少は効果あるだろう。
若ければ、スパっと効いてくれたかもしれないし。

ウサコが元気なら、培養まですることはないのではないかー
とのことだった。
治療や通院がストレスになるなら、あまり意味がない。
実際、連日の目薬攻撃のせいなのか…代々木のライブ当日に
ぷちぷちうっ帯になってしまったし。



鼻カスがたまりやすいであろう原因は牧草だ。
長い牧草より、カット牧草的なのを好むうえに、
昔からお皿にお顔を突っ込み食べているのです。
これがやめられたら、少しは違うんだろうけど、
いい方法はないものだろうか??



体重測定してたときは増えなかったのに、
やめたらどーんと増えた事もあるし(一緒にするのは間違いだが)、
とりあえず目を拭く程度でしばらく過ごしてみた。

涙は出ているけど、少しずつニオイも軽減したようにも思う。
鼻涙管洗浄が、家でできればいいのになーと思いつつ
今日も「良くなりますように」と、拭いております。
関連記事
スポンサーサイト

★テーマ:RABBIT(うさぎ) - ☆ジャンル:ペット

コメント

コメントの投稿


管理者にだけOK

 プロフィール 

めぐっぺ&ウサコ

Author:めぐっぺ&ウサコ
《めぐっぺ》
「夏色」からの
ゆずっこ(右)。

《ウサコ》
2002/12/21にお迎え♪
2015/07/22にお月さまへ。
ツンデレ女王様的、ミニウサギ。

 ブログランキング参加中! 

↓ ポチっとお願いします♪

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 うさぎブログへ
にほんブログ村 にほんブログ村 うさぎブログ ミニウサギへ
にほんブログ村

 カテゴリー表示 

 ブログ内検索 

 FC2カウンター 

現在の閲覧者数:
無料カウンター

 Lc.ツリーリンク 

 カレンダー(月別) 

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 コメントありがとう♪ 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。